地域防犯活動

地域防犯活動

平成27年度「車上ねらい・ひったくり撲滅キャンペーン」実施

平成27年度「車上ねらい・ひったくり撲滅キャンペーン」実施

大遊協では、平成18年度から、ひったくり防止カバーを社団法人大阪府防犯協会連合会へ寄贈しています。

さらに、平成20年度からは、大阪のひったくり発生件数が、なお全国ワーストワンとなっていることから、単にカバーを寄贈するだけではなく、街頭に出て直接府民に被害防止を訴え、ひったくり発生件数の減少を目指して、「車上ねらい・ひったくり撲滅キャンペーン」を府内各警察署等と協力し、展開しています。

平成27年度は10月の全国地域安全運動期間に併せて8支部で同キャンペーンを実施、その状況を「2015年10月23日大阪夕刊フジ」の特集記事が提供されましたので掲載しています。

府民の安全を見守る「街頭防犯カメラ」を府内に562台設置

35-1

大阪府が府民ぐるみで推進している犯罪のない安全なまちづくりに寄与するため、平成23年3月から街頭犯罪の防止に最も有効で地域に密着した継続的な防犯対策となる街頭防犯カメラ設置を継続事業として実施中。
平成23年度は、計405台、平成25年度は、計157台、合わせて562台を設置し、厳格な管理の下、府下の犯罪抑止と事件事故の早期解決に寄与しています。

ひったくり撲滅キャンペーンマーク

大遊協も飲酒事故防止に協力しています

2-1

飲酒運転による交通事故が多発し、幼い子供が命を落とすなどいたましい被害が後を絶ちません。
大遊協も飲酒事故防止に組合をあげて取り組んでいますが、この度このポスターを作成しました。ポスターは、府下のパチンコホールに掲出してファンの皆様に飲酒事故防止を呼びかけています。 みんなの力でいたましい事故をなくしましょう!